カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

本系では,「ディグリー・ポリシー(修得する力)」を身につけるために,次のような内容の学修を行う。

  1. 電気電子工学を学ぶために必要となる基礎学修 電気電子工学を学ぶ上での基盤となる,数学・物理・電気回路の基礎を学修する。
  2. 高度な専門学修に必要となる基礎語学力や技術者としての教養力と行動力を養う学修 英語や第二外国語の基礎や,東工大立志プロジェクト・教養卒論を含む文系科目を広く学修する。
  3. 高いレベルの語学力とチームワーク力を養う学修 応用的な英語科目を学修し,東工大立志プロジェクトを通じてグループでのコミュニケーション力を身につける。
  4. 他分野を学び自ら専門分野を設定できる力を養う学修 化学・生命科学科目(理工系教養科目)や,専門選択科目を学修する。
  5. 学修した知識を活用して課題を解決する力を養う学修 実験系科目を通じて,知識を活用する力を養うとともに,文書を書く力や改訂する能力を身につける。
  6. 電気電子工学分野の専門基礎学修 必修科目により電気電子工学分野の基礎となる,電磁気学・電気回路・工業数学を学修する。
  7. 電気電子工学の基礎を応用し、広い視野を養う学修 選択科目により,波動・通信分野,電力分野,回路分野,物性・デバイス分野を体系的に広く学修する。
  8. 論理的説明力と文章力,コミュニケーション力を養う学修 電気電子工学実験や学士特定課題研究を通じ,論理的思考と文章力を持ち,自らの考えを展開し,説明・表現する力を身につける。
  9. 幅広い視野を養い,主体的に進める学修 電気電子工学実験や学士特定課題研究を通して,多角的な視点で事象を整理し,自主的に問題を発見し解決していく力を身につける。
  10. 社会との関わりを理解し,課題解決力を養う学修 研究プロジェクトや学士特定研究を通して電気電子産業の最新動向を学び,広い視野や強い倫理観,知識や技能を活用して基本的な問題を解決する力を身につける。

アドミッション・ポリシー

求める人材像と求める力

電気電子系では,次のような人材を求めます。

  • 電気電子工学を通して人類と社会の発展に貢献しようという高い志を有する人
  • 自らの能力向上のために,電気電子工学と,それに関連する分野を積極的に学ぶ意欲をもつ人
  • 電気電子工学を学ぶために,数学・物理を中心とする確実な基礎学力を身につけた人
  • 論理的思考力を有し,他者と意思疎通できる基本的なコミュニケーション力を備えた人

入学者選抜方針

【一般入試(前期)】《全類共通》

求める能力と適性を有する人材を選抜するために,高等学校の段階の学力確認を行うとともに,本学で学ぶために 必要となる,数学,物理,化学および英語に関わる基礎学力ならびにこれを応用する力,論理的な思考力を評価す る試験を行います。

【特別入試(AO入試)】 《5類》

求める能力と適性を有する人材を選抜するために,以下の内容で試験を行います。

  • 筆記試験においては,与えられた技術課題に対する解決法を提案し,それを論理的かつ明快に記述する能力を問 います。
  • 面接試験においては,電気や情報の分野に対する志望動機,学習意欲及び適性を評価します。