ディグリー・ポリシー

卒業認定・学位授与の方針として「ディグリー・ポリシー」を定めています。これには,全学的に定められたディグリー・ポリシーと電気電子系が定めたディグリー・ポリシーがあります。電気電子系では,その両方のディグリー・ポリシーに掲げた目標を達成した学生に対して,卒業を認定し学士課程の学位を授与します。

東京工業大学のディグリー・ポリシー

所定の期間在学し、以下に掲げる力を身に付け、所定の単位を修得した学生に学位を授与します。

専門力 基盤的な専門力:

  • 研究及び技術開発の基盤となる専門力

教養力 幅広い教養と自ら学び考えることができる力: 

  • 物事を俯瞰的に把握できる幅広い知識と語学力
  • 倫理観と未知の世界に挑戦する意志をもって行動し、自ら学び考えることができる力

コミュニケーション力 論理的に表現でき、尊重しあうことができる力:

  • 自分の意見を周囲に対して論理的に表現でき、そして、互いに又はチームで理解及び尊重しあうことができる力

展開力(探究力又は設定力) 整理及び分析できる力:

  • 多角的な視点で事象を整理でき、また、論理的な思考で分析できる力

展開力(実践力又は解決力) 基本的な問題を解決できる力:

  • 豊かな発想力や創造力を用い、知識や技能を活用して基本的な問題を解決できる力

電気電子系のディグリー・ポリシー

電気電子系では,次のような力を修得することができる。

  • 電気電子工学における電磁気・回路・線形システム・応用数学などに関する盤石な専門基礎学力

  • 専門知識と実物・実際とを体系的に理解し,課題解決に活用できる力

  • より高度な専門分野,他専門分野に学習を広げる力
  • 電気電子工学と社会との関わりを理解し,自ら判断し,行動する力
  • 論理的思考と文章力を持ち,自らの考えを展開し,説明・表現する力