学士課程

電気電子系 学士課程における教育目的は,以下のような人材教育にあります。
「学士課程の養成する人材像」は全学的に定められたもので,本学の卒業生すべてに求められるものです。一方,電気電子系では「人材養成の目的」を定めており,電気電子分野の技術者・研究者として,本系の卒業者が目指すべき姿を表しています。

学士課程の養成する人材像

科学技術を基盤として自ら学び考えることができる人材

学士課程では、基盤的な専門力、並びに、幅広い教養、そして、論理的に表現できる力を身に付け、倫理観と未知の世界に挑戦する意志をもって、自ら学び考えて物事に取り組むことができる人材を養成します。

人材養成の目的

電力/通信/回路・信号処理/材料・デバイスなどの多岐にわたる電気電子工学分野の素養を持ち,総合力を発揮して, 産業・研究・教育・行政など幅広い分野において指導的活躍ができる人材を養成することを目的としている。

参考:学士課程学修案内